Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
立川談志 風が雲を散らすように。
ここんとこ一ヶ月くらい

立川流の落語を積極的に聞いてまして


昨日も今朝もおとといも。



とりわけ昨日は立川流のドキュメントみてたので


風雲児 立川談志 逝く。



が、意味わからんで飲み込めんで。


最初ニュースみた時は

隣で飯喰ってたオカンが箸落っことすくらい

「えぇー!!」

て、叫んでまいました。



まだ、落語にハマってから一年の僕ですが



江戸落語四天王

古今亭志ん朝。
三遊亭円楽。
春風亭柳朝。

そして、最後の一人

立川談志が去り、

ひとつの時代に終止符が



ハッキリとうたれたのが

わかりました。


今夜、車走らせながら聴く
談志さんの「芝浜」

なんだかやっぱ泣けたけど

「よそう、夢になるといけねぇ」

てサゲの言葉でぐぅーっときてた
気持ちが楽になりました。







今ごろ何でしょかねぇー

天上で小さん師匠や志ん生師匠に


「どーもお久しぶりでやんす。」


て、挨拶してんですかね?


志ん朝さんや円楽さんに

「お前さん、入門の順序立てわかってるねぇー(笑)」

ってからかわれてるんですかね?


なんだか変な話しですが

ご冥福を祈ると共に
同志のとこへ旅立った

談志さんに昇進祝いを申し上げたい

ような

なんだか変な気持ちです。



奇しくも来週は

今最もチケットがとりづらい噺家と、言われる


立川流一門。

立川談春さんの独演会に行ってきます。






三週間前にチケット手に入れてから

それぞれの一門でお家芸というか

噺のスジの系譜みたいなんがあるんで

立川流をけっこう聴いてたこの頃。



今日の出来事。



ともあれ、立川談春 独演会

徳島ホール楽しんできます。







































| えいぼー | 20:11 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:11 | - | - | pookmark |
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - | at: 2011/11/24 2:48 PM







New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
Links
Admin
Genius Party