Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
あけましておめでとう♪
2012年も宜しくお願い申し上げます♪

さて、

昨晩は恒例となった市高バドミントン部の同窓会でした。

先輩方みなさんお元気もええところでして、

体育会系の集まりは湿っぽくなく
ホンマ楽しいですね!


昨晩も先輩方に

「え!?オマエそれって。」


と、ツッコミいただきまくったんが



煙管でした( ´Д`)y━・~~



目立ちたいわけではないんですけど


んー、正直言うと


無添加たばこを、吸うようになってから

普通の自販機で売ってるタバコが

悲しいかな、やっぱ不味いんですよねー(⌒-⌒; )

なんかロングピースを長年吸ってるというだけで

タバコをわかった気になってた
自分が恥ずかしい。


ここからは画像と軽い紹介ね♪


キセル用の煙草はこの二つだけ。



小粋と宝船


後はキセルかファインキセルで楽しんでるシャグ(手巻き用)タバコ。


パイプと煙管の間のファインキセルってこんな感じ。


火皿とフィルターと吸口に分解出来て
メンテナンスも容易になってる。



フィルターさして

こんな感じに組み立てます。




シャグタイプ(外産手巻用刻みタバコ)専用だけに火皿の部分は煙管より
、ほんのりちょっと大きいですよ(^-^)



ただ、シャグの類だけでもそーとーの数があるんで

すぐ自分の好みが
見つかるわけでもない


自身の好みを探る

ある意味深い旅に出掛ける


「嗜好」


つーもんの探索、冒険になってます。



シャグ界の巨塔

ドラムとマニトウ。



フレイバーシャグ類



チョコミントのシャグと
グリーンティーのシャグ。



ゲバラのシャグとドミンゴのシャグ。



ゲバラのシャグはパッケージこそ奇抜な感じですが

雑味の無い

無添加タバコならではの嗜好の品でした。



こんな感じで偏りはあるものの世界の刻みタバコを味わってみると

ほんと純国産の「小粋」は

どの煙草にも似てなく


小粋はホンマ小粋でしか味わえん
和の煙草ていう

なんやろか?

日本人のDNAにしっくりくる
煙草と思いますね(^-^)






































| えいぼー | 01:01 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:01 | - | - | pookmark |
Comment







New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
Links
Admin
Genius Party